スポンサードリンク
   

草津温泉 草津片岡鶴太郎美術館

草津片岡鶴太郎美術館は、草津温泉西の河原の入り口にある老舗旅館、草津ホテルの隣接施設として開館された美術館。タレントとしても有名な片岡鶴太郎氏の描いた絵画を始め、陶器や漆器などが常時120点ほど展示されている。

草津片岡鶴太郎美術館では、季節に合わせて年4回、展示作品の入れ替えが行なわれているため、何度でも楽しめる。

コンセプトは「温泉にいらした方々にゆったりと鶴太郎芸術を楽しんでいただけるように」と言うだけあって、浴衣&下駄スタイルでの来館もOK。隣接されている草津ホテルの宿泊客は、入館料が大幅に割引される。

草津片岡鶴太郎美術館には、西の河原の湯煙を眺めながらくつろげるカフェコーナーもあるため、温泉上がりにゆったりと過ごすのにオススメのスポット。


草津片岡鶴太郎美術館の詳細

営業時間:8時〜18時
休館日:なし
入場料:大人950円、中学生・高校生600円
(草津ホテル宿泊の場合、大人500円、中学生・高校生300円)
アクセス:西の河原公園入り口(湯畑から徒歩約7分)
駐車場:西の河原公園駐車場を利用(草津片岡鶴太郎美術館まで徒歩約5分)

トロピカルワンダーランド草津熱帯園

草津熱帯園は、日本一標高の高い動物園で、亜熱帯に暮らす動物や植物が展示飼育されている。

草津温泉の温泉熱を利用した大ドームには、世界最小クラスの猿・ピグミーマーモセットや、立ち上がる仕草が可愛らしいミーアキャットなどが飼育されており、250種類の珍しい動物や植物を見ることが出来る。


草津熱帯園の詳細

営業時間:8:30〜17:30(入園は17時まで) 
定休日:年中無休
入園料:大人1000円、高校生700円、子供600円
駐車場:無料
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。