スポンサードリンク
   

静岡県 河津七滝温泉

河津七滝温泉は、河津川上流の渓谷沿いにある伊豆の秘湯だが、テレビでも紹介されている有名な温泉地。7つの滝の中でも最も大きい「大滝」は、滝つぼから温泉が湧いており、船室が異なるため、大滝温泉とも呼ばれている。(河津温泉郷を7つで数える場合、河津七滝温泉と河津大滝温泉は分けて数えられる)

初景滝には伊豆の踊り子のブロンズ像があり、記念撮影ポイントになっている。

早春には河津桜を楽しむことができ、夜間はライトアップされるが、河津駅付近と比べ標高の高い場所に位置しているため、河津七滝温泉の河津桜の見頃はやや遅め。


河津大滝温泉の「天城荘」には、穴風呂や五右衛門風呂など、珍しい湯船があることで有名で、特に、五右衛門風呂は7つあり、それぞれ河津七滝の名前が付けられているが、7つ並んで五右衛門風呂があるのは全国でも天城荘だけ。また、大滝の滝つぼ間近にも露天風呂や穴風呂があり、滝見物の遊歩道を兼ねた道路を通って行くことが出来る。


★テレビ撮影★

2006年5月12日に放送された「富豪刑事デラックス」のロケ地として採用された。


★泉質★

アルカリ性単純温泉(PH8.8)


★アクセス★

▼電車
伊豆急行線河津駅よりバスで約25分。
大滝入口停留所または河津七滝停留所で下車。

▼車
東名高速道路沼津インターチェンジより国道414号で約1時間20分。
または、小田原厚木道路小田原西インターチェンジより国道135号で約2時間。

静岡県 河津温泉郷

河津温泉郷は、天城トンネルを抜けて下田に向かう国道414号線、通称「踊子ライン」沿いを流れる河津川の上流から続く7つの温泉地の総称。

河津温泉郷の7つの温泉を上から見ると、北斗七星の形に見えると言われている。

河津温泉郷は海・山・川の食材が豊富で、中でも秋〜冬には川の珍味でるズガニを味わうことが出来る。

静岡県 今井浜温泉

今井浜温泉は、松林と白砂が有名な今井浜海岸沿いにあり、新鮮な魚介類が堪能できるホテルや旅館、民宿が多数ある温泉地。

今井浜海岸は伊豆七島を正面に焼く900メートルの白砂が続き、その美しさから「伊豆舞妓の浜」の異名を持つ。

また、見高漁港の先には、干潮時にのみ現れる天然の岩場プール「ベロバ海岸」があり、磯遊びを楽しむことも出来る。


★アクセス★

今井浜海岸駅から徒歩3分

静岡県 稲取温泉

稲取温泉は、相模湾に突き出した稲取岬にある温泉地。冬でも海岸沿いにはハイビスカスが咲いているほど温暖な気候の稲取温泉は、オーシャンビューの旅館や露天風呂が数多くあるのが特徴。

稲取温泉の名物は日本一の水揚げ量を誇る金目鯛で、磯料理を堪能できる料理自慢の旅館も充実している。

漁港にある稲取漁協直売所では、漁港で水揚げされた金目鯛やアジ、伊勢海老などを買うこともできる。


★実施イベント★

・どんつく祭り(6月の第1週の火曜日と水曜日)
・花火大会(7月下旬)


★泉質★

硫酸塩泉


★アクセス★

電車:伊豆急行線伊豆稲取駅下車

周辺道路:国道135号

静岡県 片瀬・白田温泉

片瀬・白田温泉は、東海岸では数少ない鮎釣りスポットでもある白田川の両岸にある温泉地。北側に広がっているのが片瀬温泉、南側に広がっているのが白田温泉。白田川の傍には日本庭園風の「白田親水公園」がある。

片瀬・白田温泉は、静けさと素朴さが融合した温泉地で、田園の中に旅館が点在している。

片瀬海岸の干潮時には鯨・猪・亀の姿に似た、3つの奇岩を見ることが出来る。


★アクセス★

伊豆急行線 片瀬白田駅

静岡県 熱川温泉

熱川温泉は、東伊豆温泉郷のほぼ中央に位置する温泉リゾート地。熱川という地名の由来は「あったかな川」が流れていたことから付けられた、と言われている。また、室町時代にケガを癒すサルの湯浴みを見て温泉を発見した、とも言われている。

熱川温泉は湯量も豊富で、良質の温泉が人気。

熱川駅から海岸へ続く道沿いにある立ち寄り湯「高磯の湯」は海の見える露天風呂や清潔な脱衣所が女性にも人気。夏場は併設のプールも利用できる。


★泉質★

塩化物泉


★周辺観光スポット★

・熱川バナナワニ園
・熱川湯の華ぱあーく(温泉足湯。無料)
・熱川ほっとぱあーく(温泉足湯。無料)
・お湯かけ弁財天
・熱川海水浴場「熱川YOU湯ビーチ」
・熱川ハーブテラス


★アクセス★

▼電車

伊豆急行線 伊豆熱川駅下車

▼車

小田原西から国道135号線

静岡県 北川温泉

北川温泉は、国道135号と海に挟まれた穴場的温泉地。客室から海を眺められるオーシャンビューの宿がほとんどで、漁港から揚がるブリやアジなど、旬の新鮮な魚が楽しめる。

特にオススメのスポットは、海際にある「黒根岩風呂」。海沿いの岩場にある混浴の露天風呂で「アメリカの見える露天風呂」という謳い文句が書かれており、伊豆大島を目の前に見ることが出来る。また、黒根岩風呂は、北川温泉の宿の宿泊者は無料で入浴できる。

ちなみに、北川温泉は「ほっかわ」と読む。


★泉質★

塩化物泉、硫酸塩泉


★アクセス★

伊豆急行線 伊豆北川駅下車
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。