スポンサードリンク
   

群馬県 草津温泉

草津温泉は言わずと知れた日本を代表する温泉地。江戸時代の温泉番付では、当時の最高位である東大関にランクされ、温泉の自然涌出泉としては湯量日本一を誇っている。

草津温泉の温泉地は、中央が湯畑を中心とした風情のある温泉街となっており、その周辺にはリゾートホテルやスパなどの温泉関連施設がある。また、草津白根山に面して草津国際スキー場もあるため、冬場はスキーやスノーボードも楽しめる。

草津温泉のお湯は強力な殺菌力を持つ温泉で様々な効能があり「草津の温泉は恋の病以外は治せる」など歌に詠まれたりもしているほど。

湯温は50度〜90度前後と高く、草津節などを歌いながら木の板(湯もみ板)で温泉をかき回し、湯温を下げる「湯もみ」が有名。現在はラジエーターを使い湯温を調節しているが、一部では観光客向けにショーとして実演されている施設もある。

草津良いとこ一度はおいで〜♪と草津温泉の魅力を歌う草津節は、草津温泉最古の共同風呂「鷲の湯」が発祥の地。


★泉質★
酸性泉(酸性低張性高温泉)
源泉によっては硫黄泉の場所もある。

★効能★
皮膚病、神経痛、筋肉痛、糖尿病、疲労回復など

★周辺観光スポット★
・草津町温泉資料館
・草津ベルツ記念館
・片岡鶴太郎美術館
・草津熱帯圏
・熱の湯(湯もみの実演が見られる)
・草津白根山
・湯畑(草津温泉のシンボル)
・湯滝の灯篭

★アクセス★

▼電車
JR東日本吾妻線 長野原草津口駅〜JRバス関東 滋賀草津高原線で約30分。
草津温泉駅(終点)で下車。

▼車
・関越自動車道
 渋川伊香保インターチェンジ(東京側)or 沼田インターチェンジ(新潟側)から60km
・上越自動車道
 碓氷軽井沢インターチェンジ(東京側)or 上田菅平インターチェンジ(長野側)から50km

/スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。