スポンサードリンク
   

宮城県 鎌先温泉

鎌先温泉は、昔ながらの湯治場の雰囲気を残す山間の秘湯で5軒の温泉旅館がある。特に鎌先温泉の中でも最も古い歴史のある一條旅館の木造四階建て建築は、温泉場のシンボルとして有名。

鎌先温泉の開湯は約600年前に遡り、農作業をしていたときに鎌の先で温泉を掘り当てたことから、鎌先温泉と名付けられたのが名前の由来。

鎌先温泉のナトリウムを含んだ泉質は薬湯としても有名で「傷に鎌先」と言われるほど外傷に効果があるとされており、かの有名な戦国武将、独眼竜・伊達政宗の軍師として活躍した片倉景綱(片倉小十郎)も入湯したと伝わっている。

また、鎌先温泉には長期滞在する湯治客が滞在費を抑えるために自炊の出来る場所も用意されており、野菜の販売所なども設けられている。

鎌先温泉地の傍には伝統工芸品の「弥次郎こけし」の製造販売所があり、白石市弥治郎こけし村では、こけしの展示や製作工程を学ぶことが出来る他、こけしの絵付けも体験できる。


★泉質★

塩化物泉(源泉温度31度)


★効能★

傷に対する効能があるとされ、薬湯として有名。


★周辺観光スポット★

・弥治郎こけし村
・白石城
・スパッシュランドしろいし
・検横屋敷(県指定有形文化財)
・材木岩公園
・武家屋敷(旧小関家)
・片倉家御廟(片倉小十郎の墓)


★アクセス★

JR白石蔵王駅より車で約20分。(東北新幹線)

/スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。